反撃

卒業 | 憧れのお父さん | INDEX
「よお。」
「また、アンタなの?」
京子の楽屋。
マネージャーが席を外したちょっとの隙間時間。
狙ったかのような登場に、キョーコはため息をついた。
楽屋で1人になる時は、ドア近くに座り、入ってきた人間にドアを閉められないように。
マネージャーもすぐ戻るので、ドアを開けたまま、開けたドアを固定する位置に、キョーコは座っていた。
だから、不破は廊下にいる。
「ご挨拶だな、おはようございます、だろ?」
キョーコは目線を合わせない。
コイツに捕まっている所をあの人に見られたくないのよ。
だいたいなんで、あの人と同じ局にいる時に限って、コイツは湧いてくるのかしら!
「だいたいな、」
「ミュージシャンて、暇なの?いちいち構ってくださらなくて結構です。」
不破が楽屋に入り込んできた為、キョーコは立ち上がり廊下に逃げる。
「おいっ。」
腕を掴まれる。
キョーコはまたここで、ため息をついた。
「バカなこと、しないで。」
スタッフも通る廊下で。

「ホントにアイツとできてんのか?」
背を壁に右腕をねじり上げられて、キョーコは顔色を変える。
マズイ、なんだかあの人が近寄ってくる予感がする。
さっさと逃げないと、今晩の私の身がもたない。


ふと、頭の中に響いたセリフ。
掴まれてない左手をすっと不破の股間に這わせて、キョーコはニッコリ微笑んだ。
「ずいぶんと、かわいらしい、のね。」
不破の顔が真っ赤になって真っ青に急変する。
クスッと笑って、掴まれた右腕を引き抜くとキョーコは不破から逃れた。


「京子さん、ごめんなさい!」
擦り抜けた所にマネージャーが慌てて戻ってきた。
不破の姿に驚いて、何事もなかったのかとキョーコを見つめる。
「大丈夫、なにも、なかったから。行きますか?」
「、、不破さん、、大丈夫ですか?」
クスクスとキョーコが艶っぽく笑っている。
不破は壁に手をついた姿勢のまま、項垂れてピクリとともしない。


「どうしたの、今日はご機嫌だね?」
久遠が耳元で囁く。
キョーコは微笑む。
これは絶対にあなたにはヒミツ。




web拍手 by FC2
初出:2013/11/23
卒業 | 憧れのお父さんINDEX
Copyright (c) 2014 moka All rights reserved.

-Powered by HTML DWARF-

inserted by FC2 system