I wish I could be there!

予告編

"I wish I could be there.."





ピンポンパンポーン
空港のよく響くアナウンスの音。
移動する人々のざわめき。

「結構、音拾っちゃうね。」
「も、今更何言ってるんですか。」
「でもさ、此処で撮らないとビデオレターにならないだろう?」
「いいですよ、ビデオレターなんて!」

カメラ片手の青年と少女のやりとりに、周囲の人々が足を止める。
ざわざわ
「あれ、貴島秀人だよね?」
「くっついてんの、京子じゃん?」
ざわざわ

「貴島くん、時間時間!」
中年男性がせかせかと2人に駆け寄ってくる。

「うん、じゃぁ、行ってくるね!」

~俺、貴島秀人は一人、旅にでました~

貴島は一人ゲートをくぐり、スタスタと搭乗口に向かう。
すれ違う人々が時折振り返るのに、少し微笑んで、歩く。

・・・お、あれはデシタス航空のスチュワーデスかぁ。脚がいいなー

ウインクすれば、ウインクが帰ってくる。

・・・幸先良さそう。


~行き先はアメリカ合衆国!~

ごそ、ジャケットの胸ポケットのチケットを確認する。

~まずは西海岸、Los Angelsへ~

~そう、俳優なら、Hollywoodとか?って思うかなぁ~

搭乗口前のラウンジのソファーに深く座り込んで、貴島は脚を軽く組んだ。
手持ちのカメラを自分に向ける。

~まぁ、俺の旅って、当然、ガイドブック通りの旅じゃないし、~

カメラに向けて、にっこりと貴島は微笑んだ。

~俺と一緒に旅してる気分で、楽しんでよ!~


『I wish I could be there! ・・11月x日21時より放映開始!』

ーーーーー
web拍手 by FC2
Copyright(C)2014 MIMI&MOKA All rights reserved. designed by flower&clover
inserted by FC2 system